下取りとは車を買い替える場合、販売店やディラーに、今使用している車を買い取ってもらい、次に買う新車や中古車の購入代金に充てることです。

一般的に中古車の買い取り金額は、下取りより専門業者のほうが高いとされていますが、ケースによっては下取りのほうが魅力的な場合もあります。

この項では中古車の下取りのメリット、デメリットを説明します。

■メリット

・手続きが楽

車の売却とつぎの車の購入手続きが同時にできるので手続きが楽です。また相手がひとつなので手間や時間的なロスも少なくてすみます。

・代車

基本的には次の車が納車されるまで今の車を利用できます。ですから車がない「空白」の期間がなく、代車を利用することもないでしょう。ただし交渉によっては納車より先に車を売ってしまたほうが価格的に条件がいい場合もあります。そのケースでもほとんどの場合代車を用意してくれますので、車がない状態にはなりません。

・ゼロにはなりにく

低年式や長い走行距離の中古車の場合、買い取り業者では値段がつかないケースもあります。そのような車でも下取りならわずかですが値段を付けてくれることが多いです。市場価値のない車から買い替える場合は下取りのほうが有利なケースが多いでしょう。

・交渉が有利

新しく車を買う、という強い立場にあるため、買う車の値引き交渉同様、「じゃあ、こっちの下取り価格をもっとあげてよ」というように有利に交渉をすすめることができます。

■デメリット

・価格が安い

一般的に中古車買い取り専門業者より価格が安いケースがほとんどです。

・査定料・下取り手数料

下取りの場合上記のような費用が別途かかるケースがあります。まあこれも交渉次第ではありますが。

 
 

国際免許の取得費用  / 国外運転免許証を取得できる場所 / 新宿運転免許更新センターへの行き方 / 海外ドライブの準備 / 

中古車を高く売る方法自動車保険の比較/一括見積もり中古車を高く売る方法中古車一括無料査定ユーザー車検の費用と申請手続き