車を売る際には、いくつかの公的な種類が必要になります。

これらは車の名義を変更する手続きために使用するものです。名義変更をしないと車を売ったといっても法的にはいつまでもあなたが所有していることになります。

すると自動車税の請求や、新しい所有者が駐車違反、スピード違反をしたときも、あなたに罰金の請求がきてしまいますので注意しましょう。

 

車を売却する際に必要な書類は下記です。

 

・自動車検査症(車検証)

*廃車している場合は一時抹消登録証明書が必要です。

・自賠責保険納入証明書

*紛失している場合は保険会社に連絡して再交付してもらいます

・自動車税納税証明書

*毎年4月1日の所有者に対し5月中旬に納付書が送られてきます

*紛失している場合は、国土交通省運輸支局/自動車検査登録事務所で再発行してもらいましょう

*軽自動車の場合は軽自動車納税証明書が必要です

・印鑑証明書

*発行から3ヶ月以内のもの

・実印

・譲渡証明書

*業者が仲介する場合はその業者が用意してくれます。個人間売買の場合は国土交通省運輸支局/自動車検査登録事務所などで入手します

 

 

場合によって必要となる書類

 

・住民票

*車検証の住所と印鑑証明書の住所が異なる場合

・所有権解除書類

*ローンで購入し残高が残っている場合。車を購入した販売店などに連絡して用意します

・委任状

*中古車買い取り業者やディーラーが用意してくれます

 

その他

・登記簿謄本

*車の所有者が法人の場合

・支払済みのリサイクル券

・売却代金が振り込まれる金融機関の口座

・相続に関する書類

*相続した車を売る場合

 
 

国際免許の取得費用  / 国外運転免許証を取得できる場所 / 新宿運転免許更新センターへの行き方 / 海外ドライブの準備 / 

中古車を高く売る方法自動車保険の比較/一括見積もり中古車を高く売る方法中古車一括無料査定ユーザー車検の費用と申請手続き