中古車のオークションに出展して売却する方法は、大きく分けるとオークションの買い手がプロの業者の場合と、一般の個人の場合に分けられます。

まずこの項では、プロの業者(中古車販売業者)がオークションの落札者になるケースをみて行きましょう。

この場合は、相手方がプロなので落札後にトラブルになるケースはほとんど心配ありません。売った車の名義変更手続きも落札者でる中古車販売業者がおこなってくれます。

出品手数料や成約料もかかりません。

そのかわりオークションに出品するための写真撮影や出品手続きは自分でおこなう必要があります。

メリットとしては買い取り業者に売る場合や下取りに出す場合に比べて高く売れる可能性があるとうことです。

一方で希望金額を提示すればそれより安く売る必要はありませんが、売れない可能性もあります。

売れないかもしれないうえに出品手続きがややめんどう、というデメリットが、買い取り業者に売る場合と比べてどれくらい高ければ納得できるのか、良く考える必要があります。

 

また業者しか参加できないオークションに代理で出品してもらうこともできます。

この場合出品手続きなども代行してもらえるので煩雑なことはありませんが代行手数料を支払わなければなりません。

手数料を払っても買い取り業者に売る場合と比べてどれくらい高く売れるのか良く検討しましょう。

 

国際免許の取得費用  / 国外運転免許証を取得できる場所 / 新宿運転免許更新センターへの行き方 / 海外ドライブの準備 / 

中古車を高く売る方法自動車保険の比較/一括見積もり中古車を高く売る方法中古車一括無料査定ユーザー車検の費用と申請手続き