一括査定ではたくさんの買い取り業者から査定価格をもらえます。

もちろん少しでも高い価格を提示してくれた業者に買い取りをお願いするのが一番です。

でもその前に下記の点を考えてみて下さい。

 

・代金をきちんと振り込んでくれるか?

車を買い取った業者が代金の送金してくれるのは早くても2〜3日後です。

「ソッキン王」でさえその場ですぐ払ってくれるわけではありません。信用問題ですから車を持って行って代金は支払わずにドンズらしてしまうようなことはないでしょうが、そのリクスはあるという意識は持っておいたほうがいいでしょう。

高額な車を売却するときは特に注意して下さい。

またまれに契約して車を持ち去ったあとに価格を下げてくる業者がいます。

契約する前にきちんと代金支払い方法や日時を確認しましょう。

全国展開している大手なら、この心配は減りますが、大手の看板を出していても実態はフランチャイズでそこらのおっさんがやているケースもあります。

交渉するその人の人柄が信用できるかどうか確認してから契約するようにしましょう。

・名義変更をしてくれるか?

車を持ち去ったあとも名義変更をしてくれないとちょっとやっかいなことになります。

その車の自動車保険の請求がきたり、新しい持ち主が、駐車違反やスピード違反をしたときあなたに罰金の請求がくるかもしれないからです。きちんと名義変更をしてもらえるかも契約の前の確認事項です。

・自動車税の還付をしてくれるか?

自動車税の課税対象時期は4月から3月末までの1年です。この1年分の税金を5月中旬頃に前払いしています。もし車を売却した時期が3月までに1ヶ月以上あれば残りの日数の税金が還付されます。

自動車税の残り日数を計算してきちんと還付してもらえるかどうかも確認しましょう。

・代車を用意してくれるか?

車を買い替える場合、下取りと比べて一番ネックになるのが売却の時期と新しい売る車が納車になるまでのタイムラグです。

売りも買いも同じディーラーでおこなう場合、新し車が納車になるまでの期間代車を用意してくれることが一般的です。

ところが売る業者と買う業者が異なる場合、通常であれば代車はありません。従って車のない期間が生じます。まあそれはそれで健康にいいとか、ガソリン代がかからないとかいい面もあります。

ただ最近では買い取り専門業者でも代車を用意してくれるところが増えて来ましたので、契約する前に確認してみましょう。

例えばA社とB社の買い取り価格がわずかだった場合、その価格差より代車を用意してくれるメリットのほうが大きいと感じるならば、その業者と契約するほうがいいでしょう。

・その他の特典

業者によっては航空会社のマイレージがついたり、その他ポイントを付与してくれるところがあります。査定価格にそのポイントをお金に換算した場合の合計金額を加味して判断するといいでしょう。

 

国際免許の取得費用  / 国外運転免許証を取得できる場所 / 新宿運転免許更新センターへの行き方 / 海外ドライブの準備 / 

中古車を高く売る方法自動車保険の比較/一括見積もり中古車を高く売る方法中古車一括無料査定ユーザー車検の費用と申請手続き